スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬膳的7月のおすすめジュース素材

<すいか>
体を冷やしてのどの渇きを改善
●薬膳の効能:寒性/甘味/熱をとり、イライラを鎮め、のどの渇きを改善
果肉の90%を水分が占める、熱中症予防に役立つ果物の代表格。薬膳的にも体を冷やす性質があり、体内にこもった熱をとり、のどの渇きを改善します。夏に欲しい栄養成分もしっかり含有。夏の強い日差しは体の酸化を進めますが、すいかの赤い果肉にはリコピン、黄色い果肉にはβ-カロテンと抗酸化成分が含まれています。また、ナトリウム排出や利尿作用があるカリウムも含み、むくみの改善にも役立ちます。


<桃>
体を冷やさず、便秘も改善
●薬膳の効能:温性/甘味・酸味/胃腸の機能を助け、血の巡りも改善
夏の果物を薬膳の性質で分類すると、ほとんどが体の熱をとる涼性または寒性ですが、桃は珍しく体を冷やさない温性で、冷え体質の人にもおすすめの食材です。作用は腸の渇きを防ぎ、胃腸の機能を助けてお通じをよくします。栄養学的に見ても水溶性食物繊維が豊富で、便秘の改善が期待できます。皮の近くにはポリフェノールの一種で、強い高酸化力をもつカテキンが含まれています。また、カリウムの含有量が多いのも特長。ナトリウムの排出を助け、むくみを改善したり、高血圧を予防します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

植木もも子

Author:植木もも子
薬膳をもっと身近に感じていただけるよう、日々楽しく健やかに暮らすためのヒントや、ふと感じたささいなことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。