スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬膳的3月のおすすめジュース素材

菜の花

<菜の花>
女性に不足しがちな栄養が豊富
●薬膳の効能:涼性/辛味・甘味/肝に働いて気や血の流れをよくし、滞りを改善
春の味覚を代表する緑黄色野菜。薬膳的には肝を助けて気や血の流れをよくし、解毒に役立ちます。おできや吹き出物などの改善も期待できます。
栄養学的にも優れた野菜で、ビタミンCの含有量はほうれん草以上。抗酸化作用のあるβ-カロテンも豊富に含んでいます。また、貧血の改善に役立つ鉄と葉酸も多く、さらに高血圧の予防に働くカリウムや、イライラを予防したり、骨を丈夫にするカルシウムも多く含みます。これらは女性が積極的に摂りたい栄養。ジュースにすると損失分が少なくてすみ、効率的に摂取できます。

<小夏>
甘酸っぱい味で肝にも働く柑橘
小夏は日向夏とも呼ばれ、宮崎県で発見された柑橘。ゆずの変わり種とされています。今では各地で栽培されており、ニューサマーオレンジや土佐小夏などの名前で流通しています。みかんよりやや大きく、色は鮮やかな黄色。甘酸っぱく、果汁が豊富です。薬膳では酸味は肝の働きを助けるので、春の解毒に役立ちます。
栄養学的にはビタミンCを多く含み、クエン酸も含みます。また、小夏は果肉と一緒に、果肉を包む白いわたや皮(じょうのう)も食べますが、この白い皮には水溶性食物繊維のペクチンが多く含まれ、腸内環境改善に役立ちます。

<ぽんかん>
ビタミンC量はみかんより上
ぽんかんはインド原産の柑橘で、日本での栽培は明治になってから。甘みが強くて酸味は控えめで、香りのよさでも知られます。ビタミンCの含有量はきんかんには及びませんがみかんより上。健康維持や美肌づくりに貢献します。また、β-クリプトキサンチンも豊富に含みます。
β-クリプトキサンチンはみかんなどの柑橘類やパパイア、柿などに含まれるカロテノイド色素の一つ。カロテン類に分類されますが、体内での蓄積期間が長く、体の隅々まで届けられるのが特徴といわれています。また、免疫力の維持向上、骨粗鬆症の予防、糖尿病進行の抑制に働くほか、発がん性物質から体内の細胞を守る効果はβ-カロテンの約5倍という実験結果も公表されています。
美肌効果も高く、表皮細胞のヒアルロン酸含有量を増やして表皮の水分保持に役立つことも研究からわかっています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

植木もも子

Author:植木もも子
薬膳をもっと身近に感じていただけるよう、日々楽しく健やかに暮らすためのヒントや、ふと感じたささいなことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。