上級薬膳。すっぽんで「陰」を養う。

すっぽんスープ

暦の上では6月は夏。陽の極まる夏至がある季節です。日本では梅雨と重なり、蒸し暑い日が続き、この時期は体調を崩しやすい季節です。湿は五臓の「脾」の働きを阻害するために食欲不振に陥りやすく、「気」を補う働きを低下させます。
この「陽気」が極まる時期に、薬膳では「陰」を補うすっぽんを食べると一年の後半を元気で過ごせると言われてます。
すっぽんは日常的にはなじみのない食材ですが、昔から健康を養う食材として珍重されてきました。
陰を補い、腎の働きを助け、体の中にある虚熱(陰が虚して起こる)を退けると言われます。
今月の料理教室ではこのすっぽんを、「気」を補う干し椎茸といっしょにシンプルなスープにしました。他に気を補う「山薬」や湿を取り除くハト麦などと献立を整えて脾の働きを助けるように消化のよい組み合わせにしています。
すっぽんを自分で調理するのは難しいと思う方は市販のすっぽんスープを使ってみてはいかがでしょう。干し椎茸を加えたスープで簡単に食養生をできれば、気を養えてさらによいですね!
スポンサーサイト

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

夏の養生、フレッシュミントティー。

20130622ミントティー_convert_20130625014337

暑い日が続いてますが皆さんお元気ですか!体調を崩しやすいので、日々の生活で無理をしないように過ごしたいですね。
この時期、暑がりの方はウーロン茶に菊の花をプラスしたお茶がおすすめです。また、ミントを育てている方はミントティーもおすすめ。熱を取る作用が強力です!香りもよいのでストレスでイライラしてる時にもどうぞ。レモングラス、バーべナなど香りのよいものもいいですね。
ただし、冷え症で暑い日でも手足が冷える方にはおすすめできません。冷たいものを食べるのが苦手な「脾胃の冷え」の方には生姜紅茶、シナモンティーがおすすめです。冷えた所に座るとつらい方は腎の冷えが考えられますので、シナモン、クローブを加えたチャイがおすすめです。そして下半身を冷やさないこと。とくに足首には肝、腎、脾の「気」の通り道、経絡があるので冷やさないことが肝心です。生足は冷え症の方には厳禁。この時期の食養生は「熱と湿を体からとり除く」ことです。
プロフィール

植木もも子

Author:植木もも子
薬膳をもっと身近に感じていただけるよう、日々楽しく健やかに暮らすためのヒントや、ふと感じたささいなことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR